ダイエット遺伝子検査キット.com

ドクターシーラボ と DNA SLIMのダイエット遺伝子検査キットの違いについて

ドクターシーラボ と DNA SLIMのダイエット遺伝子検査キットの違いについて

 

このページでは

Dr.Ci:Program 肥満遺伝子検査セット(左)とDNA SLIM遺伝子検査キット(右)の比較を致します。

DHCの遺伝子検査キットとの比較はこちらより

ダイエット遺伝子検査キット

 

ダイエット遺伝子検査キット

 

 

   Dr.Ci:Program 肥満遺伝子検査セット DNA SLIM遺伝子検査キット 
価格(消費税/送料/代引き手数料込み)  ☓8424円  ◎ 7290円(税込み)円
検査できる遺伝子  ☓3種類

β3AR遺伝子(脂肪蓄積しやすい)

UCP1遺伝子(脂肪燃焼しにくい)

β2AR遺伝子 (脂肪蓄積しにくい)

◎5種類

β3AR遺伝子(脂肪蓄積しやすい)

UCP1遺伝子(脂肪燃焼しにくい)

β2AR遺伝子 (脂肪蓄積しにくい)

FTO遺伝子2種類(脂肪量と肥満に関係)

 DNA採取方法  ▲口腔粘膜  ◎口腔粘膜か、爪の採取どちらか選べる
 判定される肥満のタイプ ▲ 3種類のタイプからあなたに近い体型を教えていただけます。(りんご型,洋ナシ型,バナナ型) ◎243種類の肥満タイプからあなたの肥満タイプを教えていただけます。(フルーツ型については言及されていませんが、遺伝子の変異の有無でわかります)

といった感じです。

 

 

ドクターシーラボの商品も魅力的ですが、比較した際にDNASLIMが圧倒的に強いです。

DHCの商品は安く、なおかつまだ4種類の肥満タイプがわかりましたが、

ドクターシーラボは高く、3種類ということで、魅力的な内容ではないです。

ポイントとしては、非常に分かりやすいレポートでしょう。

 

・レポートサンプル

00006924_img09

やはりDHCの時と同様、唯一 5種類の肥満遺伝子を検査できるキットであることと、

それを元に、243種類の中から貴女にあったレポートをもらえる、DNA SLIMをおすすめします。

果物型については、DNASLIMでは書いていないですが、

調べる遺伝子のホモorヘテロ(正常か、変異型か)のグラフがありますので、それを見れば自分がリンゴ型かどうか、などはわかりますので、事足りました。

私はこういう理由で、初めてのダイエット遺伝子検査キットとしてDNASLIMを選びました。

★公式サイトはこちらより★

 

 

ドクターシーラボの肥満遺伝子検査キットももちろんオススメです!

気になった方はこちらからご確認下さいませ。

ドクターシーラボの肥満遺伝子検査キット公式リンク