ダイエット遺伝子検査キット.com

DHCの遺伝子検査ダイエット対策キットとDNA SLIM遺伝子検査キットの違い

「DNASLIM遺伝子検査キット」と「DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット」の違いはなんだろう!?

こちらがDNASLIMと比べ知名度が高い、DHCの肥満遺伝子検査キットです。

   DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット DNA SLIM遺伝子検査キット 
価格

(消費税/送料/代引き手数料込み) 

◎ 5400円  ☓ 7290円(税込み)円
検査できる遺伝子  ☓3種類

β3AR遺伝子(脂肪蓄積しやすい)

UCP1遺伝子(脂肪燃焼しにくい)

β2AR遺伝子 (脂肪蓄積しにくい)

◎5種類

β3AR遺伝子(脂肪蓄積しやすい)UCP1遺伝子

UCP1遺伝子(脂肪燃焼しにくい)

β2AR遺伝子 (脂肪蓄積しにくい)

 FTO遺伝子2種類(脂肪量と肥満に関係)

 DNA採取方法  ▲口腔粘膜  ◎口腔粘膜か、爪の採取どちらか選べる
 判定される肥満のタイプ ▲ 4種類のタイプからあなたに近い体型を教えていただけます。

(りんご型,洋ナシ型,バナナ型,アダムイブ型)

◎243種類の肥満タイプからあなたの肥満タイプを教えていただけます。

(フルーツ型については言及されていませんが、遺伝子の変異の有無でわかります)

といった感じです。

 

 

DHCの遺伝子検査キットは、若干DNASLIMより安く、馴染みやすい、4種類のタイプ分けを明確に教えてくれるので、

遺伝子検査の初心者の方は取っ付き易いかと思います。

私は、初めてでしたが、DNASLIM(ディーエヌエースリム)を選びました。

理由としましては、遺伝子検査というのは調べる遺伝子が多ければ多いほど、より多い情報を知ることが出来ます。

なので、一生に一度の検査と考えた場合、少し高いですが、選びました。

また4種類より243パターンのほうが断然自分を知ることが出来ると思います。

DNASLIMは分かりやすいフルーツ型の分別記載がレポートになかったですが、

調べる遺伝子のホモorヘテロ(正常か、変異型か)のグラフがありますので、それを見れば自分がリンゴ型かどうか、などはわかりますので、事足りました。

私はこういう理由で、初めてのダイエット遺伝子検査キットとしてDNASLIMを選びました。

★公式サイトはこちらより★

 

 

DHCの方ももちろんオススメです!

気になった方はこちらからご確認下さいませ。

DHCの遺伝子検査ダイエット対策キット